011-398-5008 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談無料 お気軽にお問合せ下さい
営業時間
午前9時~午後6時まで

禁治産 とは

  1. 司法書士清水崇史事務所 >
  2. 禁治産 とは

禁治産 または とはに関する基礎知識記事や事例

  • 遺言書が見つかった後の検認手続きとは遺言書が見つかった後の検認手続きとは

    ■遺言書の検認手続き ●検認手続きの必要性 遺言書のうち検認手続きを行う必要があるのは自筆証書遺言と秘密証書遺言の2つのみです。両者の検認手続きには特に差異はありません。 留意すべき点として...

  • 遺言書の作成遺言書の作成

    遺言書の作成は、その種類ごとに法律で定められた方法をとらなければなりません。 そして、その種類は大きくわけて「普通方式」と「特別方式」の2つがありますが、特別方式は伝染病により隔離されている場...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    相続が始まって法定相続人が誰かが確定すると遺産が何か、つまり遺産として含まれる財産の範囲が問題となります。 法定相続人が誰かが問題となることはそこまで多くないですが、遺産の範囲については被相続人...

  • 法定相続人・相続分とは法定相続人・相続分とは

    相続において、誰が相続人になるかは法定されています。 まず、配偶者は必ず相続人になります。これは婚姻関係以外の親族がどうなっているのかにかかわらず、常に相続人になることが規定されています。 ...

  • 成年後見制度の問題点とは成年後見制度の問題点とは

    ■成年後見制度の問題点 成年後見制度とは、意思能力の不十分な人が人から騙されたりして財産的損害を被るのを防ぐために、後見人をつけてもらう制度です。成年後見制度には以下のような問題点があります。 ...

  • 遺産分割協議とは遺産分割協議とは

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続きを遺産分割と言います。 遺産分割は、原則どのような形で分割をするかは自...

  • 遺言書とは遺言書とは

    遺言は、被相続人である故人が生前最期に残す意思表示です。 自分の死期が正確にわかっている人は少ないはずです。 そのため、万が一に備えて残された遺族間のトラブルを回避するために遺言を残す必要が出て...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり、あるいは全部を拒否したりすることが法律で認められています。この中でも、相続を全て拒否するこ...

  • 不動産の相続登記とは不動産の相続登記とは

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相続による所有権移転登記を行う必要があります。所有権の移転には登記は必須ではありませんが、のち...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、被相続人が亡くなるよりも先に相続人が亡くなっていた場合に発生する特別の相続のことです。被相続人の孫、曾孫、甥姪が相続分の受取人となり、先に亡くなってしまっている相続人が手にするはず...

司法書士清水崇史事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ