011-398-5008 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談無料 お気軽にお問合せ下さい
営業時間
午前9時~午後6時まで

所有権保存登記 相続

  1. 司法書士清水崇史事務所 >
  2. 所有権保存登記 相続

所有権保存登記 相続に関する基礎知識記事や事例

  • 所有権保存登記所有権保存登記

    建物を新築する際には、建物の表題登記の申請が義務付けられています(不動産登記法47条)。所有権保存登記は、表題登記完了後にしておくとよいものです。 所有権保存登記とは、その建物が自分の所有に属...

司法書士清水崇史事務所が提供する基礎知識

  • 抵当権設定登記

    抵当権設定登記

    ある建物を担保にとって立派な契約書を作成したとしても、まったく安心することはできません。例えば、抵当権...

  • 遺言書が見つかった後の検認手続きとは

    遺言書が見つかった後の検認手続きとは

    ■遺言書の検認手続き ●検認手続きの必要性 遺言書のうち検認手続きを行う必要があるのは自筆証書遺言と...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デメリット

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり...

  • 相続・遺産に関するご相談は司法書士清水崇史事務所にお任せください

    相続・遺産に関するご相談は司法書士清水崇史事務所にお任せください

    遺産承継に関するご相談を司法書士に依頼するメリットは大きく分けて三つ存在します。 一つ目に、それぞれ...

  • 所有権移転登記

    所有権移転登記

    例えばAさんがBさんから不動産を購入したような場合には、所有権移転登記をする必要があります。これをせず...

  • 所有権保存登記

    所有権保存登記

    建物を新築する際には、建物の表題登記の申請が義務付けられています(不動産登記法47条)。所有権保存登記...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、被相続人が亡くなるよりも先に相続人が亡くなっていた場合に発生する特別の相続のことです。被...

  • 遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    相続が始まって法定相続人が誰かが確定すると遺産が何か、つまり遺産として含まれる財産の範囲が問題となりま...

よく検索されるキーワード

ページトップへ