011-398-5008 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談無料 お気軽にお問合せ下さい
営業時間
午前9時~午後6時まで

成年後見人 証明書

  1. 司法書士清水崇史事務所 >
  2. 成年後見人 証明書

成年後見人 または 証明書に関する基礎知識記事や事例

  • 所有権保存登記に必要な書類所有権保存登記に必要な書類

    所有権保存登記をする際の必要な書類には以下のようなものがあります。 ■登記申請書 どのような登記を申請するのかを示します。 ■登記権利者の住所証明書 登記権利者の住民票の謄本又は抄本が必要で...

  • 抵当権設定登記抵当権設定登記

    ある建物を担保にとって立派な契約書を作成したとしても、まったく安心することはできません。例えば、抵当権設定登記をするのを先延ばしにしたまま、別の人が同じ建物を担保にとって抵当権設定登記を完了して...

  • 所有権保存登記所有権保存登記

    建物を新築する際には、建物の表題登記の申請が義務付けられています(不動産登記法47条)。所有権保存登記は、表題登記完了後にしておくとよいものです。 所有権保存登記とは、その建物が自分の所有に属...

  • 成年後見人になれる人とは?どんな条件がある?成年後見人になれる人とは?どんな条件がある?

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。また、後見人は被後見人の利益となる財産の利用しか行うことができません。例えば、被後見人...

  • 所有権移転登記所有権移転登記

    例えばAさんがBさんから不動産を購入したような場合には、所有権移転登記をする必要があります。これをせずに放置していると、BさんがCさんにその不動産を二重に譲渡してしまい、Cさんが所有権移転登記を...

  • 相続登記(不動産の名義変更)の必要書類・費用とは相続登記(不動産の名義変更)の必要書類・費用とは

    相続登記とは、亡くなった被相続人から土地や建物などの不動産を相続した際に発生するもので、所有権移転による相続人への不動産の名義を変更するための申請手続きのことを指します。 この相続登記は原則とし...

  • 成年後見制度のメリット、デメリット成年後見制度のメリット、デメリット

    成年者(以下、「本人」といいます)が、認知症・知的障害・精神上の障害などにより通常備えているべき判断能力を欠く場合に、後見人として法定代理人を選任し、本人に代わり法律行為を行うことで、本人の権利...

司法書士清水崇史事務所が提供する基礎知識

  • 所有権保存登記に必要な書類

    所有権保存登記に必要な書類

    所有権保存登記をする際の必要な書類には以下のようなものがあります。 ■登記申請書 どのような登記を申...

  • 相続登記の義務化について

    相続登記の義務化について

    相続登記とは、亡くなった方である被相続人から土地や建物などの不動産を相続した際に発生する、相続人への所...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    相続が始まって法定相続人が誰かが確定すると遺産が何か、つまり遺産として含まれる財産の範囲が問題となりま...

  • 不動産の相続登記とは

    不動産の相続登記とは

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相...

  • 遺留分とはどんな制度か

    遺留分とはどんな制度か

    ■遺留分制度とは 遺留分制度とは、亡くなった方(被相続人)と近しい血縁関係にある相続人の遺産取得分を最...

  • 成年後見

    成年後見

    意思能力を欠く人の行った遺言は無効となります。 相続人などが関わること等により遺言者の本当の意思により...

  • 成年後見制度のメリット、デメリット

    成年後見制度のメリット、デメリット

    成年者(以下、「本人」といいます)が、認知症・知的障害・精神上の障害などにより通常備えているべき判断能...

  • 遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分...

  • 法定相続人・相続分とは

    法定相続人・相続分とは

    相続において、誰が相続人になるかは法定されています。 まず、配偶者は必ず相続人になります。これは婚姻...

よく検索されるキーワード

ページトップへ