011-398-5008 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談無料 お気軽にお問合せ下さい
営業時間
午前9時~午後6時まで

後見に関する記事一覧

  1. 司法書士清水崇史事務所 >
  2. 後見に関する記事一覧

後見

高齢化の加速する現代においては、高齢者本人の財産管理・運用や、悪徳商法からの保護、施設入所に関する煩雑な契約手続きなどが大きな課題となっています。そこで、高齢者や判断能力を欠く方に代わって後見人が法律行為を行い、ご本人の利益を保護することを目的とする後見制度が活用されるようになりました。後見人は財産管理権・法律行為の代理権を有することになりますが、ご本人の判断能力の程度により、付与される代理権限の範囲は異なります。

後見は未成年後見と成年後見に二分され、成年後見はさらに任意後見制度と法定後見制度(後見・保佐・補助)に分類されます。
任意後見制度はご本人自らが後見人を指定し、双方が任意後見契約を締結することで代理権を付与する制度です。一方の法定後見制度は、家庭裁判所に申立てを行い、後見開始の審判によって裁判所が職権で後見人を選任します。成年後見の申立ては、本人・配偶者・四親等内の親族・検察官・市町村長などが行うことができます。

司法書士清水崇史事務所は、札幌市・江別市・北広島市・岩見沢市・石狩市を中心に、北海道内にお住いの方から、後見などに関するご相談を承っております。後見の申立て手続きにお悩みの際には、お気軽に当事務所までご相談ください。地域密着型の司法書士が、適切な解決策をご提案させていただきます。

後見に関する基礎知識や事例

  • 後見制度に関する相談先後見制度に関する相談先

    成年後見制度の制度や手続きについてのご相談は、お住まいの地域の成年後見制度推進機関・社会福祉協議会・地域包括支援センターのほか、家庭裁判所の相談窓口、弁護士・司法書士事務所などが窓口となっていま...

  • 成年後見制度のメリット、デメリット成年後見制度のメリット、デメリット

    成年者(以下、「本人」といいます)が、認知症・知的障害・精神上の障害などにより通常備えているべき判断能力を欠く場合に、後見人として法定代理人を選任し、本人に代わり法律行為を行うことで、本人の権利...

  • 成年後見制度の問題点とは成年後見制度の問題点とは

    ■成年後見制度の問題点 成年後見制度とは、意思能力の不十分な人が人から騙されたりして財産的損害を被るのを防ぐために、後見人をつけてもらう制度です。成年後見制度には以下のような問題点があります。 ...

  • 成年後見人になれる人とは?どんな条件がある?成年後見人になれる人とは?どんな条件がある?

    成年後見制度とは、認知症や知的障害などによって判断能力の不十分な方や、その方の財産を保護するための制度です。また、後見人は被後見人の利益となる財産の利用しか行うことができません。例えば、被後見人...

司法書士清水崇史事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

ページトップへ